アメリカマナティ

マナティの名前の由来
一般的に、人魚の伝説-半分女性、半分の魚- ma nateesで起きた、と考えられています。また、マナティの属する海牛類を意味するSIRENIA=サイレニアは、ギリシャ神話に由来する「人魚」の代名詞です。

サイズと重量
平均で約2,5m〜4,5m 約200〜600kg程度。大きいもので4.6メートル、最大1650キロ( 3630ポンド)に達するといわれています。(本当かしら?)

特徴
アフリカ西部マナティーと外部アメリカのマナティーは見分けがつかないほど良く似ています。この両者とアマゾンマナティとの識別は可能です。アマゾンマナティの多くは独特の白やピンクの鮮やかなパッチがあります。またアメリカマナティ、アフリカマナティよりも細く小さいようです。
体はまばらな毛で覆われていてしわの寄った、灰色のゴムのような皮膚は多くの場合、皮藻類やフジツボが繁殖しています。またアメリカマナティとアフリカマナティにはゾウのような爪がみられますがアマゾンマナティにはありません。

生息場所
海水から淡水に至るまでの領海 約20度以上の水の温度を好むようです。
フロリダ半島からカリブ海、アメリカでは、沿岸水域と南東部の河川、フロリダ、ジョージアで主に生存しています。 その他の地域では、バハマ、 大 アンティル諸島、トリニダード トバゴ、メキシコ、中央アメリカの東部海岸、ブラジルではアマゾンの河口にコロンビアから南アメリカの北部海岸とのdrainagesリオスカウカとマグダレナコロンビアとオリノコベネズエラで繁殖しています。冬は暖かい海域に移行します。

成熟年齢
メスは産まれて3 〜 4年で生殖機能が成熟すると、早ければ4〜5年で出産します。出産サイクルは2〜5年ごとに1頭出産。産まれて2年程度母親と一緒に行動します。オスは生殖機能が出来上がるまでに10年かかります。

妊娠期間
12ケ月

長寿記録
アメリカで44年間飼育、野生では59歳以上と推定されているマナティがいるそうです。平均寿命は約60年といわれています。

動作
横泳ぎ、上下逆さま、旋回などを水面下1〜3mで泳ぎ(潜水10mの最深記録あり) 、速度は通常3〜10km/1H程度ですが25km/1Hまで達する場合もあるそうです。潜水時間は約4分ですが16分以上という記録も残されています。

社会
交尾の時期は数時間から数週間程度オスとメスが一緒に行動しますが、普段は夫婦という形はありません。大きな群れで小グループを形成し 、 個々には母親と子供のみで家族を形成しています。

死亡率
アメリカの場合、0〜1歳/28.02%、1〜2歳/18 .36%、2〜3歳/14.05%、3〜4歳/13.90%、4 〜 60歳/9.22%

食べ物
臼歯が発達しており草食動物です。レタス、キャベツ、ブロッコリー、ホウレンソウなど 毎日の体重の約10 〜 15 %(45 〜 67 kg)を食べます。

情報
11月から3月、フロリダ州キングス湾周辺のクリスタルリバーでピークシーズンには300頭のマナティが目撃されています。近年、マナティはモーターボートなどの人災、赤潮の発生、環境汚染、生息環境の変化、沼の干拓など、どの地域でも絶滅の危機に瀕しており、保護活動が展開されています。


参考文献:
Animal Info - American Manatee http://www.animalinfo.org/species/tricmana.htm
マナティー ・マイクロソフトエンカルタ百科事典、 © 2000
ポールマシコット/動物の情報 © 2004  2004年8月4日http://www.animalinfo.org/species/tricmana.htm 。
イルカ研究センター コンゴ-マナティーファクトシート© 2004  2004年8月4日。 http://www.dolphins.org/Learn/lmm-mant.htm

フィード