ホモサッサ・スプリングス州野生動物公園の保護活動

教育プログラムとして「マナティープログラム/公園内マナティーリハビリテーション」を毎日3回開催しています。


マナティに関する広範な研究資料や情報を学生、教師、学校、研究、個人に提供しています。

またホモサッサのプールは暖かく水温が一定しており野生の状態に近い最適な環境で負傷したマナティのリハビリテーションや避難の場として活用されています。


飼育の7匹のマナティ(アマンダ・アリエル・ベッツィ・ホリー・ローレライ・ロージー・ウィロビー )の様子は展望窓から見ることが出来ます。


くわしくはHomosassa Springs State Wildlife Park
ホモサッサ・スプリングス州野生動物公園の紹介

フィード