マイアミ水族館の保護活動

マイアミ水族館の海棲哺乳類救助チームは、 1960年代に苦しんでいる海洋動物のために結成されました。


このチームには専門のダイバーや動物専門家、獣医が所属し、年間平均10頭のマナティを救出し、90%を再び野生に戻しています。


フロリダ州の海上パトロールや米国魚類野生生物サービスから連絡を受けるとチームを動員し、血液検査や栄養補給など行い治療します。


マイアミ水族館ではX線、超音波検査なども行い24時間体制でマナティの治療にあたります。


マナティの治療費はとても多額ですがこの経費の多くはマイアミ水族館で負担されています。


くわしくはMiami Sequarium
マイアミ水族館紹介

フィード