水族館の保護活動:カテゴリー

スポンサード リンク

鳥羽水族館の保護活動

鳥羽水族館では、以前よりアフリカ・ギニアビサウ共和国政府の特別許可を得て、国立ビサウ動物園と共同で野生のアフリカマナティーの現地生態調査を行っていました。


併せてジュゴンとの飼育下での生態を比較するため、マナティの飼育・研究に着手することになり、1975年以来、人魚伝説のモデルとして知られるジュゴンの研究を続け、飼育世界最長記録の更新やフィリピンのパラワン島における保護活動支援など、その成果は内外から高く評価されています。


また、鳥羽水族館の開館40周年記念事業の一環として『ジュゴンに関する国際シンポジウム』を開催したのをきっかけに、海牛類研究の拠点とすべく、まだその生態が謎に包まれているアフリカマナティーの生態解明と飼育下での繁殖を行っています。


くわしくは鳥羽水族館


タンパ・ローリーパーク動物園の保護活動

園内のマナティセンターのすぐそばにあるマナティー円形劇場では「Manatee Encounter」"マナティー出会い"が15分間上映され、危機に瀕した西インドマナティをとおして野生動物保護について理解の導入を提案しています。


くわしくはLowry Park Zoo
タンパ・ローリーパーク動物園の紹介


マイアミ水族館の保護活動

マイアミ水族館の海棲哺乳類救助チームは、 1960年代に苦しんでいる海洋動物のために結成されました。


このチームには専門のダイバーや動物専門家、獣医が所属し、年間平均10頭のマナティを救出し、90%を再び野生に戻しています。


フロリダ州の海上パトロールや米国魚類野生生物サービスから連絡を受けるとチームを動員し、血液検査や栄養補給など行い治療します。


マイアミ水族館ではX線、超音波検査なども行い24時間体制でマナティの治療にあたります。


マナティの治療費はとても多額ですがこの経費の多くはマイアミ水族館で負担されています。


くわしくはMiami Sequarium
マイアミ水族館紹介


ホモサッサ・スプリングス州野生動物公園の保護活動

教育プログラムとして「マナティープログラム/公園内マナティーリハビリテーション」を毎日3回開催しています。


マナティに関する広範な研究資料や情報を学生、教師、学校、研究、個人に提供しています。

またホモサッサのプールは暖かく水温が一定しており野生の状態に近い最適な環境で負傷したマナティのリハビリテーションや避難の場として活用されています。


飼育の7匹のマナティ(アマンダ・アリエル・ベッツィ・ホリー・ローレライ・ロージー・ウィロビー )の様子は展望窓から見ることが出来ます。


くわしくはHomosassa Springs State Wildlife Park
ホモサッサ・スプリングス州野生動物公園の紹介


シーワールド・オーランドの保護活動

「Manatees: The Last Generation」というマナティコーナーでMANATEE RESCUEとしてマナティの現状・知識を短い映画を通して情報発信しています。


その映画は絶滅の危機に瀕しているマナティの話しから始まり、映画を見た後は水槽の窓から、外のプールからと、たくさんのマナティを見ることが出来ます。
またマナティ救済プログラムとして、毎年25〜30頭程度のマナティを病気・怪我などから救済しています。


回復後は再びフロリダ海域にリリースしています。
マナティリハビリテーションとして新鮮な水のプールと3つのマナティエリアは世界最大のマナティ一時医療センターとして知られています。
ここでは手術なども行うことが出来ます。


くわしくはSeaWorld Orlando
シーワールド・オーランドの紹介



Page: 1

スポンサード リンク

TOPPAGE  TOP 
フィード