ジュゴン保護基金

ジュゴン保護基金は、1999年10月15日に設立されました。


沖縄・名護東海域には、ワシントン条約で絶滅危惧種に指定された世界的保護動物・日本国の天然記念物であるジュゴンが生息しており、その環境を保持していくための活動資金です。


ジュゴン保護基金は、IUCN(国際自然保護連盟)の専門科学者による、沖縄島東海域のジュゴンの生態調査と、やんばるの環境調査の費用、ジュゴン保護にかかる勧告決議を、採択させるための、代表団派遣費用にあてられます。


くわしくはジュゴン保護基金

フィード