マナティKissへようこそ!

タイトル

Copyright©うさぎ工房.All Rights Reserved.
「人魚のマナティ」

人魚と見間違えられたことで知られている動物・・・・ それがマナティです。

マナティは性格も優しく穏やかで人なつこく、のんびりゆったり河川や湖沼、沿岸部などで暮らしています。メキシコでは空の平和のシンボルがハトならば、海の平和のシンボルはマナティと言われているくらいです。マナティの名前も人魚の伝説-半分女性、半分の魚- ma nateesからきていると言われ、マナティの属する海牛類を意味するSIRENIA=サイレニアは、ギリシャ神話に由来する「人魚」の代名詞です。

丸いしゃもじのような尾ビレが特徴で、水草や海草などが主食です。まるで海に住む牛の様なので海牛類と呼ばれています。マナティ(Manatee)は、別名海牛(かいぎゅう)ともよばれる大型の哺乳動物のことをいい、北アメリカや中央アメリカ、南アメリカ、カリブ海の浅い海や河川、河口に生息しています。

当サイト「マナティKiss」は、マナティ(Manatee)の愛くるしい姿に恋する管理人のサイトです。
またマナティのおともだちであるジュゴンについても載せています。
どうぞごゆっくりとお楽しみください。
 


マナティKissの新着情報

マナティの住む地域

マナティは世界中どこにでもいるわけではありません。
住む地域が限られていて、その限られた場所内で移動しています。

<アメリカマナティ>

  • メキシコ湾からカリブ海周辺、大西洋


    <アマゾンマナティ>
  • アマゾン流域やオリノコ川水域


    <アフリカマナティ>
  • ゼネガルからアンゴラまでの西アフリカの河川/湾汽水域


    <ジュゴン>
  • 南西太平洋・インド洋・紅海からモザンビークまでのアフリカ沿岸の浅海域


    <ステラーカイギュウ>:絶滅
  • ロシアのベーリング島周辺の海



    分布図


    Copyright©うさぎ工房.All Rights Reserved.

    (よみうりらんど展示資料を参考に作成)




  • マナティの関連書籍のご紹介

    こちらでは、マナティ関連の書籍をご紹介します。
    マナティに会いに行く前、もしくは自宅でマナティをゆっくり見たい方にどれもおすすめです!

               
    マナティ 夢の人魚
    マナティ 夢の人魚
    マナティ 夢の人魚(堀田 あけみ)
    ¥ 2,243 (税込)

    米国フロリダ州クリスタルリバーで撮影されたフロリダマナティを見ることができます。マナティの写真に文章をつけて、著者のマナティへの思いを強く感じる本。写真も沢山ありマナティの日常が想像できる。クリスタルリバーへマナティに会いに行きたいとひしひし感じます。
    マナティーはやさしいともだち (親と子の写真絵本)
    マナティーはやさしいともだち (親と子の写真絵本)
    マナティーはやさしいともだち (親と子の写真絵本)
    ¥ 1,050 (税込)

    楽しく読める写真絵本です!
    マナティー―人間と遊ぶゆかいな仲間
    マナティー―人間と遊ぶゆかいな仲間
    マナティー―人間と遊ぶゆかいな仲間
    ¥ 1,365 (税込)
    マナティに会いたい
    マナティに会いたい
    マナティに会いたい(小原 玲)
    入荷未定(マーケットプレイスのみ)


    小原玲さんが以前から憧れていたマナティと泳ぐという夢がかない、クリスタルリバーへ行き、マナティとの触れ合いを、写真とエッセイで綴っている。毎年、マナティに会いに行っているっぽいのでうらやましいです。マナティにはまる人の気持ちがよく分かります。
    フロリダマナティの優雅なくらし
    フロリダマナティの優雅なくらし
    フロリダマナティの優雅なくらし (単行本)
    入荷未定(マーケットプレイスのみ)

    川端裕人さんがクリスタルリバーへ行き、マナティとの触れ合いを、写真とエッセイで綴っています。この人の撮るマナティのアングルやレンズの選び方などが変わっていて、マナティがよりユーモラスに映っており、思わず、ハッハッハと笑ってしまったものがいくつかありました。
    マナティ、海に暮らす
    マナティ、海に暮らす
    マナティ、海に暮らす
    マナティ、海に暮らす(ジェシー・レイ ホワイト)
    入荷未定(マーケットプレイスのみ)

    獣医であり研究家であるジェシー・ホワイトがマナティについての環境・治療を紹介しています。 モーターボートに轢かれて、ボロボロに契れた尾っぽの写真をみて目頭があつくなりました。 出産や介護の様子など細かく紹介されていて、マナティを知るにはなかなかの一冊。
    のんびりマナティー
    のんびりマナティー

    のんびりマナティー
    のんびりマナティー(倉沢 栄一)
    入荷未定(マーケットプレイスのみ)

    マナティの写真集。どのしぐさも可愛くて、思わず、ニコニコしながら見ていることに気づきます。マナティの写真を見てよく思うのだけれど、背中の苔をたわしでゴシゴシとこすってあげたい。あの丸い体つき、しゃもじのしっぽ、写真集の中のようにどのマナティも幸せに暮らせるように...と強く思います。

    マナティの本を読むだけで、癒されます。
    子供さんと一緒、またご家族でお楽しみください。




    >>>環境ニュース



    TOPPAGE  TOP 
    フィード